×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外国人雇用で人手不足を解消

人手不足で困ってませんか?

数年前の不景気の時代は、求人募集をしてもけっこう応募もあったのですが、最近の景気回復によって求人広告をだしても、なかなか人が集まらないという声をよく耳にします。

景気回復に伴い大企業も採用数を増やしてきています。そのあおりを受けてか中小企業や商店などでは、求人をかけても厳しい状況が続いています。また応募してきてもあまりいい人材がいないという声もお聞きします。

またこのような人手不足の状況も今後なかなか改善されないのではないかということが予想されます。なぜなら少子高齢化に伴い労働者人口が減ってきていることも一つの理由です。

このような状況を憂慮して国も重い腰をあげて、外国人労働者を受け入れていく政策をとってきています。今後は日本でも、外国人労働者がどんどんと増えていくのではないかと予想されているのです。

外国人は大きな戦力になりうる

実は大都市を中心として一部の業種、特に飲食店などでは、もうすでにずいぶんと外国人雇用が進んできています。

たしかに外国人の雇用を進めたところの一部では、いろんなトラブルが起きているところもあるようです。

具体的なトラブルの例としては、皆さんも同様に心配されているかもしれませんが、不法就労や文化や言葉の違いによるトラブルです。

これらの問題は外国人を雇用する上では避けては通れない問題ですね。ただこれらの問題がクリアできれば外国人の雇用も立派な戦力になるのではないでしょうか。

日本に来ている多くの外国人特に留学生の方などは、志が高くまじめな人もたくさんいます。むしろ最近の日本の若者と比べてもまじめじゃないかなと思う時もしばしばです。

外国人に対する偏見をなくせば彼らの優秀さもわかってくるのではないでしょうか。まずはこの外国人に対する偏見を払拭してみましょう。

その上で、いろんな外国人雇用の問題点がありますので、その問題点に対する対策を立てる必要があります。

このようにトラブルを未然に防ぐようにしていれば、人手不足を過剰に意識する必要なく優秀な人材が確保できるのではないでしょうか。